情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ 軽自動車ワンボックス「エブリイ」 10年ぶりのフルチェンジで見せた超進化

2015年2月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エブリイ ワゴン ハイルーフ PZターボスペシャル

エブリイ ワゴン ハイルーフ PZターボスペシャル(4速AT)

2015年2月18日、スズキは軽自動車ワンボックスカー、エブリイ/エブリイ・ワゴンを10年振りにフルモデルチェンジした。1964年に発売されたスズライト・キャリイ・バンから数えると12代目、エブリイとしては6代目となる新型のDA17型が登場した。

エブリイのような軽自動車のワンボックスカー(バン/ワゴン)は軽自動車カテゴリーの中では10%程度のシェアを持つが、商用バン、乗用ワゴンとして確固としたポジションを占めている。

今回のモデルチェンジで、エブリイはさらなる荷室の拡大、軽量化、燃費の向上、使い勝手の向上を開発テーマとし、ボディ、エンジン、トランスミッションなども含め大幅に刷新し、軽自動車ワンボックスで最大のスペース、クラストップの燃費を実現した。

スズキ 新型エブリイ グレード

新開発されたボディは、主要な骨格部に重量比で33%となる超高張力、高張力鋼板を採用し、衝突安全性能を高めながら21kgの軽量化を実現している。またエンジンも従来のK6A型からより軽量・コンパクトなR06A型に変更し、マウント類にも高張力鋼板を使用するなどして軽量化している。

さらに電装、内装や、シャシー部品も軽量化することで、従来型のエブリイと比べ40kgも軽くしているのだ。もちろんこの大幅な軽量化により燃費が向上し、軽自動車ワンボックスでトップの燃費となり、AGSトランスミッション車は免税、その他のモデルもエコカー減税が適用される。

スズキ 新型エブリイ  ボディ

スズキ 新型エブリイ 軽量化軽量衝撃吸収ボディー「TECT」スズキ 新型エブリイ 軽量化

ボディは、ホイールベースを30mm延長し2430mmとしてキャビンスペースをより拡大した。しかし全長は変更がないため結果的にフロントノーズは短縮され、衝突時のクラッシュストロークは減少している。だが、ボディ骨格に高張力鋼板を採用し、衝撃分散構造とすることで安全性を高めている。またフロントフードやルーフ前端部、フロントバンパーに衝撃吸収構造を取り入れ、衝突時の歩行者の被害軽減性能も向上させている。

ボディのデザインは、ワンボックスらしく直線基調で、クルマ全体を大きく長く見えるようにして、各ピラーの角度もキャビンのスペースを重視している。フロントのグリルでは、バンは控えめのデザインで、ワゴンはより存在感を強めた大型メッキグリルとしている。

スズキ 新型エブリイ バン

エブリイ バン ハイルーフ「JOIN」 5速AGS仕様

ボディタイプは、バンは全高1895mmのハイルーフがメインで、全高1800mmの標準ルーフのグレードも設定。一方、ワゴンは各グレードに標準ルーフとハイルーフが設定されている。

スズキ 新型エブリイ バンスズキ 新型エブリイ バン

エンジンは、最新のR06A型が採用され、フロントシート下側に、つまりフロント・ミッドに縦置きマウントされる。バンは49ps/62Nmの自然吸気と64ps/95Nmのターボ仕様があり、ワゴンはターボのみが設定されている。自然吸気、ターボともに吸気カム側にVVTを装備する。

スズキ 新型エブリイ バンスズキ 新型エブリイ バン

スズキ 新型エブリイ ワゴン エンジン

スズキ 新型エブリイ バンスズキ 新型エブリイ バン

トランスミッションは、自然吸気エンジンには5速MT、5速AGSを設定。ターボエンジンは5速MTと4速AT(ワゴンは4速ATのみ)が設定され、従来モデルに存在した3速ATは廃止されている。もちろんバン、ワゴンともに後輪駆動以外に4WDも設定されている。

スズキ 新型エブリイ バンスズキ 新型エブリイ バン

スズキ 新型エブリイ バンスズキ 新型エブリイ バン

サスペンションは従来通り、フロントはストラット式、リヤはアイソレーテッド・トレーリングリンク式。ブレーキは、バンのフロントはソリッドディスク、ワゴンはベンチレーテッドディスク、リヤはずれもドラム式としている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる