情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 2015年レース参戦体制発表 スーパーGT スーパーフォーミュラ

2015年2月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_97822015年2月13日、ホンダは2015年のモータースポーツ活動の参戦体制を発表した。

すでに発表のあったとおり、F1グランプリにパワーユニットサプライヤーとして、マクラーレンとジョイントして復帰する。ドライバーはジェンソン・バトン、フェルナンド・アロンソの2人となる(バトン、アロンソの来日記者会見はこちら)。F1日本グランプリは9月25日~27日に鈴鹿サーキットで開催される。

ホンダF1 2015体制

フル参戦3年目となるFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)は、ワークスチームのカストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チーム(Castrol Honda World Touring Car Team)から、ガブリエーレ・タルクィーニとティアゴ・モンテイロが参戦します。さらに、プライベートチームとして、参戦3年目になる「ゼングー・モータースポーツ(Zengő Motorsport)」に加え、新たに「ニカ・レーシング(Nika Racing)」にもマシンを供給する。WTCC日本ラウンドは今年からツインリンクもてぎに舞台を移して、9月11日~13日に行なわれる。

ホンダ WTCC 2015体制

SUPER GTのGT500クラスには、2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンとレーシングハイブリッドシステムを搭載した「NSX CONCEPT-GT」で参戦する。5チーム5台体制となり、ドライバーとチームのダブルタイトル奪還に挑むことになる。

ホンダ スーパーGT500 2015体制またGT300クラスには、レーシングハイブリッドシステムの供給を継続し、「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ」の参戦活動を、M-TECと共にサポートする。

ホンダ スーパーGT300 2015体制

全日本選手権スーパーフォーミュラには、2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン「HR-414E」を5チーム9台に供給する。

ホンダ スーパーフォーミュラ 2015体制

また北米のインディカー・シリーズは、参戦6年目のシーズンを迎える佐藤琢磨が、引き続き「A.J.フォイト・レーシング(A.J. Foyt Racing)」より参戦する。

ホンダ インディカー 2015体制

GTプロジェクトリーダー・松本雅彦氏とスーパーフォーミュラプロジェクトリーダー・佐伯昌浩氏のコメントは以下の通り。

松本雅彦GTプロジェクトリーダー「2014年シーズンは開発の時間が足りず、また熱いセパンでのテストも実施できずに開発が進まなかった。そのために熱害で苦労した面もあったが、このシーズンオフにはセパンでもテストを実施できて、熱害に対する策もとれている。今年はF1にも復帰するシーズン、スーパーGT、スーパーフォーミュラともに好成績をあげたい」

佐伯昌浩スーパーフォーミュラプロジェクトリーダー「2015年のエンジンは扱いやすさをコンセプトに開発を進めています。熱効率も上がってきており、またドライバビリティも向上しているのでドライバーにも優しいエンジンとなっている」

ホンダ関連情報
ホンダF1来日会見詳細情報
ホンダF1マシン詳細情報
ホンダ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる