情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

WEC 2015 エントリーリスト発表 注目のニッサンはル・マンで3台体制 日本人は松田次生を起用

2015年2月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パリで開催されたル・マン24時間の主催者、ACOのプレス・カンファレンス

パリで開催されたル・マン24時間の主催者、ACOのプレス・カンファレンス

2015年2月5日、パリで開催されたACO(フランス西部自動車クラブ)が開催した世界耐久選手権(WEC)シリーズのプレス・カンファレンスで、2015年シーズンのWECには新記録となる35台のマシンが参戦することが発表された。WECシリーズは4月12日に開催されるシルバーストン6時間レースが開幕戦となる。

プレス・カンファレンスで、LMP1クラスが11台、LMP2クラスが10台、LM GTEクラスが14台が出場することが発表され、レースのスタートはフルグリッド状態となった。やはり話題は新たに参戦するニッサン GT-R LM NISMOで、ゼッケンは21、22、23号車と決定した。WECシリーズには22号車、23号車がフル出場し、ル・マン24時間レースには21号車も加わる3カー体制となる。2014年チャンピオンのトヨタは今シーズンは1号車、2号車。アウディは7、8、9号車のゼッケンとなり、ポルシェは17、18、19号車となっている。トヨタのみは2カー体制でル・マンを戦うことになるわけだ。

2015年LMP1クラスのエントリーリスト

2015年LMP1クラスのエントリーリスト

ニッサン・チームのドライバーは、すでに発表したマーク・ジェネに加え、日本のスーパーGT選手権でGT-Rでチャンピオンを獲得した松田次生、イギリスのハリー・ティンクネル、フランスのオリビエ・プラの3名が新たに発表された。これでニッサン・チームの3台のマシン、9名のドライバーのうち4人が決定したことになる。ハリー・ティンクネルは、2014年のル・マン24時間レースのLMP2クラス優勝、ヨーロッパ・ル・マンシリーズでもシリーズ2位に入った23歳の俊英。オリビエ・プラは2008年からル・マンシリーズのLMP2に参戦し、好成績を上げてきた実力のある34歳のベテランだ。

新たに決まったニッサン・ドライバー。左からO.プラ、H.ティンクネル、松田選手

新たに決まったニッサン・ドライバー。左からO.プラ、H.ティンクネル、松田

プレス発表で登壇したニッサン・グローバル・モータースポーツ・ダイレクターのダレン・ダレンコックス氏

プレス発表で登壇したニッサン・グローバル・モータースポーツ・ダイレクターのダレン・ダレンコックス氏


LMP1のハイブリッドシステムを搭載しないプライベートチームは、リベリオン、ロータスが参戦する。

LMP2クラスは、アルピーヌ、リジェ、HPD、モーガン、オレカ、ストラッカー・ドームという6シャシーメーカーがマシンを供給。出場チームは10台となる。

LM GTEプロクラスは、フェラーリが2台、ポルシェが2台、アストンマーティンが3台で参戦する。さらにコルベット・レーシングも参戦する計画だ。

世界耐久2014関連情報
トヨタ関連情報
ニッサン関連情報
アウディ関連情報
ポルシェ関連情報
FIA WEC公式サイト
ACO公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる