情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ 新型アルファード/ヴェルファイア詳細解説 高級セダンを凌ぐ大空間の高級サルーン

2015年1月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型アルファード(左)とヴェルファイア

新型アルファード(左)とヴェルファイア

既報のように、トヨタの大型ミニバンのアルファード(トヨペット店扱い)、ヴェルファイア(ネッツ店扱い)が6年半振りのフルモデルチェンジを行なった。今回のモデルチェンジで、大型のミニバンの頂点を目指すというより最高級の、真の贅沢を追求し、従来にない新しい高級車像を追求している。そのため「大空間高級サルーン」というキーワードが選ばれている。

開発の柱になっているのは、高級車をも圧倒する存在感とスタイリング、心地よいおもてなしの快適な室内居住性、高級車として徹底的に磨き上げた基本性能、新技術がもたらす充実した先進装備の4点だ。そのため、クルマとしての基本性能の向上、静粛性や乗り心地の向上、先進装備の積極的な採用などが行なわれている。

トヨタ 新型アルファード/ヴェルファイア

新型アルファード/ヴェルファイアのボディサイズは全長がアルファードで+45mm、ヴェルファイアで+60mm、全高-10mm、全幅+20mm、ホイールベースは50mm延長され3000mmとなっている。全長がほぼ5m、全幅が1850mm、全高1880mmというフルサイズの大きさだ。

トヨタ 新型アルファード/ヴェルファイア

グレードは、主として法人ユーザー向けのVIP仕様のエグゼクティブラウンジを頂点に、エアロ仕様のアルファードがS、SA、SR、ヴェルファイアは Z、ZA、ZRという各3グレード。標準モデルはアルファードが S、SA、SR、ヴェルファイアはZ、ZA、ZRというラインアップとなっている。VIP向けのエグゼクティブラウンジは運転手付きを想定し、2列目シートを最重視し快適性、居住性をプレステージカーに迫るレベルまで追求した仕様・装備で、サスペンションも専用チューニングされている。また福祉車両も設定されているが今回からは持ち込み登録ではなく型式認定車となっており、納車期間を短縮している。

アルファード

アルファードの最上級グレード、Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)ハイブリッド車(ブラック)

トヨタ 新型アルファード/ヴェルファイア

エグゼクティブラウンジのインスツルメントパネル。木目調のパネル、レザー調の内装にセミアリニン本革シートを採用

エグゼクティブラウンジ仕様のインテリア。2列目シートが快適・豪華仕様になっている(カラー:フラクセン)

エグゼクティブラウンジ仕様のインテリア。2列目シートが快適・豪華仕様になっている(カラー:フラクセン)

エクステリアのデザインテーマはアルファードが「豪華・勇壮」、ヴェルファイアが「大胆・不敵」だという。いずれも比類のない存在感、押し出し感を強調しており、それぞれにより存在感を強めたエアロボディも設定されている。アルファード、ヴェルファイアともにフロントグリルに大面積のメッキを多用しているが、イメージ的にはアルファードはゴージャス感を強く打ち出し、ヴェルファイアはあくの強さ、低重心、迫力を打ち出すという区別がある。ホイールはグレードにより、16インチ、17インチ、18インチが設定されている。

ヴェルファイア Z “Gエディション” (2WD)、カラー:グレーメタリック

ヴェルファイア Z “Gエディション” (2WD)、カラー:グレーメタリック

ZR“Gエディション” (ハイブリッド車)

ZR“Gエディション” (ハイブリッド車)

ZR“Gエディション((ハイブリッド車) (内装色:ブラック)

ZR“Gエディション((ハイブリッド車) (内装色:ブラック)


インテリアは斬新な構成と、手の込んだ上質な作りがテーマで、水平基調のインスツルメントパネル、大面積のセンターコンソールを中心にして、メタル風や木目調の加飾を駆使している。特に黒木目パネルは下地にホログラムを仕込んで独自の表現を見せる。このホログラム採用は世界初だという。

LEDイルミネーション

LEDイルミネーション

イルミネーションの各色

イルミネーションの各色


また後席側の天井の両側にはLEDイルミネーションが標準装備されている。色は16色から選択でき、光量も4段階調光となっている。さらにLED照明を装備するグレードは、間接照明のパーソナルランプも装備するなど、室内の雰囲気の演出にも力が注がれている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる