情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ 大幅改良を受けたCX-5、アテンザ試乗レポート ドライバー支援システム充実と熟成が進み洗練度がアップ 

2015年1月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ アテンザ CX-5 大幅改良

エンジンからボディ、シャシーまですべてがゼロから開発されたマツダの新世代商品、その第1弾が2012年6月に発売されたCX-5、第2弾のアテンザは2012年11月に発売されたが、2014年11月に2車の大幅改良が発表され、2015年1月7日から発売が開始された。

CX-5、アテンザともに一般的には少しタイミングが早めのマイナーチェンジということになるが、マツダはこれはマイナーチェンジではないという。マツダの新ブランド戦略により、時期を見て技術やデザインをアップデートし商品力を高く保つことでブランドメッセージを発信し続ける、という狙いだという。ということは不定期だが年次改良と同様のコンセプトで、今回は大幅な改良、といった位置付けになると言ってよいだろう。

もちろん、そのためにマツダ車全体で共通化させたコモンアーキテクチャー、フレキシブル生産体制が採用され、こうしたバックボーンがあってこそ不定期で、改良を加えることができるわけだ。

マツダ  CX-5 大幅改良

フィン・タイプのフロントグリルを採用したCX-5

マツダ CX-5 大幅改良

これまでより精悍さ強調

リヤシートの座面を改良

リヤシートの座面を改良


今回の改良のポイントはCX-5、アテンザともに乗り心地や質感を改善したことと、ドライバー支援システム「i-ACTIVSENSE」を一気に充実させたことだ。具体的には、従来の機能に加え、日本の自動車メーカーとして初となるLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームの採用、自車の後方、側方から接近する車両も検知する「ブラインドスポット・モニタリング(BSM)」、後退時に接近する車両を検知して警告する「リヤ・クロストラフィック・アラート(RCTA)」機能も加えている。

マツダ CX-5 大幅改良

CX-5はインスツルメントパネルとデザインなどは大きな変更はない

CX-5にもマツダ・コネクトを設定

CX-5にもマツダ・コネクトを設定

右端メーターはi-ACTIVESENCE情報を表示

右端メーターはi-ACTIVESENCE情報を表示


またマツダ初採用の車線を認識し自動操舵機能を持つ高速走行用の「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」、高速走行時のドライバーの運転状態をチェックし、適度な休憩を促す「ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」、後退時の誤発進抑制機能、後退時の衝突回避機能が追加されている。

そして「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」、「ブラインドスポット・モニタリング(BSM)」、「レーンキープ・アシストシステム(LAS)」を標準装備した新グレード「PROACTIVE」を全グレードに約プラス10万円で新設定している。つまり、現時点で存在する全ての種類のドライバー支援システムを選択できるようになったのである。

デザイン的にはCX-5、アテンザともに、魂動デザインをブラッシュアップし、細部に手を加えることで、車格にふさわしい質感を付加している。特にアテンザはフラッグシップらしさを加えている。

◆インプレチェック
ではまずCX-5からレポートしよう。CX-5はフロントグリルやバンパーの形状が変更され、インテリアはリヤシートクッションの座面長が伸ばされている。CX-5に関しては、従来モデルはリヤシートの乗り心地、快適性に弱みを持っていたが、その対策の一環としてリヤシートの改良を図ったわけだ。

乗り心地、操舵フィーリングが大幅に向上

乗り心地、操舵フィーリングが大幅に向上

しかし、それより大きいのは前後のサスペンションの、特にダンパーやブッシュを改良し、大幅にロードホールディング、乗り心地が改善していることだ。ダンパーのフリクションが小さくなり、小さな路面の凹凸に対してもタイヤの動きがスムーズになっているのだ。もちろん室内騒音のレベルも改善されているが、とりわけ静粛性が際立つとまではいかない。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる