情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ 燃料電池関連の約5680件の特許使用権を無償提供することを発表

2015年1月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ FCV技術 特許 無償提供

2015年1月6日、トヨタは、燃料電池自動車(FCV)を普及させるための取り組みの一環として、トヨタが保有している世界で約5680件の燃料電池関連の特許(審査継続中を含む)を無償で提供すると発表した。

この対応は、FCV導入初期段階でより広範な普及を優先し、開発・市場導入を進める自動車メーカーや水素ステーション整備を進めるエネルギー会社などと協調した取り組みが重要であると考えた結果だという。

特許実施権無償提供の具体的な内容は、燃料電池スタック:約1970件、高圧水素タンク:約290件、燃料電池システム制御:約3350件などで、FCVの開発・生産の根幹となる燃料電池システム関連の特許に関しては、これらの特許を用いてFCVの製造・販売を行なう場合、市場導入初期(2020年末までを想定)の特許実施権を無償とするとしている。

また、水素供給・製造といった水素ステーション関連の特許(約70件)に関しては、水素ステーションの早期普及に貢献するため、水素ステーションの設置・運営を行う場合の特許実施権を、期間を限定することなく無償としている。

これらの特許実施に際しては、トヨタに申し込みをし、具体的な実施条件などについて個別協議の上で契約書を締結するという。

現状のFCVを取り巻く環境は、インフラ整備がEVの充電施設よりはるかに遅れており、FCV生産事業、水素充填インフラ事業が採算ベースで実現するために、今回の特許の無償提供を決定したわけだ。ただ、現状ではホンダ、日産は以前から独自開発を進めており、実際には部品メーカーが対象になると思われる。

トヨタ公式サイト

 

トヨタ関連ページ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる