情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ロータス エキシージSロードスター試乗レポート 公道を走れるレーシングカー 

2015年1月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロータス エキシージS ロードスター 試乗

ロータス エキシージS ロードスター

2014年9月に国内デビューしたロータス・エキシージSロードスターは、V6型エンジンにスーパーチャージャーを搭載したライトウエイト・ハイパフォーマンスカーとして注目度が高い。2013年7月にクーペモデルのエキシージSが先に発売されていたが、これまでのロータスファンのみならず、他社モデルからの乗り換えユーザーも増えた、というほどクルマ好きには気になる存在なわけだ。そのエキシージSロードスターとはどんなモデルなのか、試乗レポートしよう。

ロータスの現在のラインアップでは、ライトウエイトスポーツの代名詞的存在にエリーゼがあり、軽快さを持つモデルとしてロータスファンから熱い支持を得ている。そしてトップグレードにはV6型にATを備える1000万円オーバーのエヴォーラがある。エキシージはその中間に位置するモデルで、エヴォーラと同じV6型パワーユニットに6速マニュアルミッションを組み合わせたモデルだ。

ロータス エキシージS ロードスター 試乗

ロータス エキシージS ロードスター 試乗ロータス エキシージS ロードスター 試乗

 

搭載するエンジンは3.5LのV6型で350ps/400Nmというスペック。車両重量1170kgという軽いボディを振り回すに十分なパワーがあるモデルだ。体感的には500psモデルに乗っているのと同じようなフィールを得る。このロードスターは、先行販売されたクーペと同じパワーユニットとなるがエクステリアが異なる。もちろんオープントップとクーペの違いのほか、クーペのアイコン的アイテムだったリヤスポイラーとフロントリップがロードスターには装備されない。攻撃的なルックスからエレガントなスポーツカーへとその違いをアピールしている。おおまかな言い方をすればクーペモデルとオープンモデル違いなのだが、この装備の違いにより、随分と印象のことなるモデルだと感じるのだ。

ロータスというブランドからマニアなユーザーをイメージするかもしれないが、冒頭で触れたように、このエキシージSはこれまでBMWなどに乗っていたユーザーも乗り始めたという動きある。それだけ惹かれる魅力があると言うわけだ。

ロータス エキシージS ロードスター 試乗

クラシックで伝統的なスポーツカー・コックピット

ロータス エキシージS ロードスター 試乗ロータス エキシージS ロードスター 試乗

 

では、その魅力はどこにあるのだろうか。ズバリ、その走りの違いだ。ロータスが持つダイレクト感にしびれるのだろう。クルマを操っているという満足感が高い。重たいクラッチに気を使いながら走りだし、パワーアシストのないステアリングを回して走る。足元にはオプションだが、ピレリのSタイヤ、トロフェオを履き心地よいエキゾーストノートを背後に聞きながら加速する。トランスミッションのクロス具合がよく、ワインディングでのシフト操作が楽しい。ヒール&トゥーをしながらダウンシフト、リニアに反応するエンジン、そしてサウンド。どれをとってもクルマらしさがあり、楽しくなる。

ハロップ製スーパーチャージャーを採用したトヨタ製の2GR-FE型V6型3.5Lエンジン。エンジン制御はロータスが担当

ハロップ製スーパーチャージャーを採用したトヨタ製の2GR-FE型V6型3.5Lエンジン。エンジン制御はロータスが担当

レースカーやレーシングカートに乗ったことのある方であれば、わかると思うが、公道を走れるモデルで、これほどダイレクト感のあるモデルはめったにない。高級スポーツカーになると、ゴージャスさを増すのはいいが、乗り味までも高級になる傾向がある。あたりまえの進化ではあるが、ロータスではタイヤの性能、モノコックの性能、シャシーの性能をフルに発揮し、満喫するには・・・というクルマ造りがされているのだろう、運転しているぞ!という手のひらや腰で感じるものが体に残るのだ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる