Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

category

トヨタ

247件の記事があります

トヨタ 水素を活用した「未来」に関する理解活動を開始!カナダに燃料電池自動車「MIRAI」を試験導入

トヨタ自動車のカナダにおける販売事業体であるToyota Canada Inc.(以下TCI)は、3台の「MIRAI」を試験導入し、燃料電池自動車(以下FCV)への理解促進活動に活用する。
2017年1月23日

2018年は目の前!どうするZEV規制 PHEVが続々と誕生する理由

これまでハイブリッド車は燃費性能に優れ、環境技術の決定版と位置付けられており、日本市場の中では大きな存在感を見せている。しかしヨーロッパではそれほどハイブリッド車が重視されず、ディーゼル・エンジン、PHEVが主流になって …
2017年1月18日

ヴィッツがマイナーチェンジ!待望のハイブリッドグレードを追加設定

トヨタは、ヴィッツをマイナーチェンジし、全国のネッツ店を通じて2017年1月12日に発売した。ヴィッツは、1999年の発売以来欧州をはじめ約80の国と地域で販売し、これまでの累計世界販売台数が700万台を超すTOYOTA …
2017年1月16日

TOYOTA、北米国際自動車ショーで新型カムリを世界初披露

トヨタは、米国東部時間2017年1月9日、米国ミシガン州デトロイト市で開催の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトモーターショー)において、新型カムリ(米国仕様)を世界初披露した。
2017年1月13日

人を理解する未来のモビリティ「TOYOTA Concept-愛i」、CESに登場

トヨタは、2017年1月5日(木)〜8日(日)に米国ネバダ州ラスベガスで開催する2017 International CESにおいて、人工知能技術を搭載することで人とクルマがパートナーの関係となる、モビリティ社会の未来像 …
2017年1月6日

保護中: 【有料配信中】 2017年のクルマ業界を展望してみる

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
2017年1月6日

フォードとトヨタ、スマホとクルマをつなげる「スマートデバイスリンク」の業界標準化に向け動き出す

フォードとトヨタは、スマートフォンとクルマをつなげ、車内でのアプリ操作を可能とするオープンソース「スマートデバイスリンク(SDL)」を管理する非営利団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」を設立する。
2017年1月5日

【舘内 端 連載コラム】第34回 新聞記事斜め読み 第3回  環境とエネルギーをめぐる自動車の旅 その3 

さて、回も重ね環境とエネルギーをめぐる自動車の旅というテーマで舘内端さんの主張が展開されている本コラムだが、2016年秋、トヨタの社長直轄プロジェクトとして電気自動車の社内ベンチャーが立ち上がった。
2017年1月5日

トヨタ、生産・販売ともに前年実績を上回る!11月の生産・国内販売・輸出実績

トヨタ自動車は、2016年11月のトヨタ、ダイハツ及び日野の生産、国内販売、輸出の実績を発表した。
2017年1月4日

トヨタ 駐車場での安全支援技術で衝突事故大幅軽減

トヨタ自動車は、駐車場内での衝突事故被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」を搭載している3車種(アルファード、ヴェルファイア、プリウス)について、2015年1月から2016年6月までの18カ月 …
2016年12月28日

世界NO1メーカーを目指す日本のトヨタ

日本最大の企業であり、自動車製造のリーディングカンパニー。1933年、豊田喜一郎が豊田自動織機・自動車部として設立。1937年にトヨタ自動車工業として独立創業した。
現在では世界No1生産台数をGM、フォルクスワーゲングループと競っている。連結売り上げ高は20兆円以上。軽自動車のダイハツ、トラック・バスの日野自動車も連結子会社となっている。

2000年代初頭から世界No1のポジションを確立するために生産・販売の拡大、原価低減を強力に推進した。しかし、リーマンショック、リコール問題などの荒波を受け、開発体制が大きく揺らいぎ、2009年に豊田章男社長が就任以来、グループ全体の開発体制の再構築を開始している。

トヨタのブランドは、グローバルにトヨタ、北米ではレクサス、サイオンも展開し、レクサスは2005年から日本にも導入されている。国内での販売チャンネルはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4チャンネル体制。

国内の販売チャンネルでの扱い車種は、乗用車、商用車、小型トラック、ダイハツOEMの軽自動車を含めて89車種に達する。

近年では1997年にハイブリッドカー「プリウス」を発売し、3代目プリウスを発売した2009年までの10年余の間に独自のハイブリッドシステム「THS-㈼」を完成させ、多車種に展開し、ハイブリッドカー技術、ハイブリッドカーの販売台数で世界No1となっている。またTHS-㈼による電動化技術を次世代パワーユニットのメインストリームと位置付け、2014年発売の燃料電池車「ミライ」の電気駆動システムとして採用している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる