Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

category

eKスペース

10件の記事があります

三菱 ekスペース マイナーチェンジでフロントフェイスを大幅変更

「ekスペース/eKスペース・カスタム」が大幅改良され2016年12月21日から販売開始された。スーパーハイトワゴンの市場は2014年に65万台を販売し、その後増税問題で翌年50万台にまで落ち込んだ。しかし、それでも大き …
2016年12月22日

三菱 2016年10月度の生産・販売・輸出実績を発表

三菱は、2016年10月度の生産・販売・輸出実績を発表した。いずれも市場では厳しい状況が続いているが、回復の兆しが見えてきたのかもしれない。
2016年11月28日

三菱 2016年8月度の実績は前月同様、厳しい結果を突きつけられる

三菱は、2016年8月度の生産・販売・輸出実績を発表した。それによると、前月に引き続き厳しい市況が浮き彫りとなった。
2016年9月29日

ミツビシ 「eKワゴン」「eKスペース」の生産、販売を再開! 

2016年7月1日、ミツビシはeKワゴン、eKカスタム、eKスペースの販売を7月5日から販売を再開する。また7月4日からミツビシ・水島製作所での軽自動車生産を再開した。
2016年7月5日

ミツビシ 「eKワゴン」、「eKカスタム」、「eKスペース」の新届出燃費が決定し補償金額も決定

2016年6月23日、三菱自動車は走行抵抗値の不正があった「eKワゴン」、「eKカスタム」、「eKスペース」が国交省が直接計測することで新たに届出燃費が決定され、改めて型式指定が得られたことを発表した。
2016年6月24日

【コラム】俺の話を聞け! 三菱自動車燃費試験不正 問題について by 清水和夫

三菱自動車の燃費試験の不正問題が、意外な方向に展開している。そもそも2016年4月20日に、三菱が「燃費試験に不正があった」と公表したことで一連の混乱が始まった。
2016年6月12日

4月の人気記事ランキング  自動車史に残る大事件も!  まとめ

4月にアクセスの多かった記事をまとめてみました。一番人気はやはり、あのニュースでした。
2016年5月17日

ミツビシ問題考察 まさか!そんなことが・・・燃費試験での不正とは何か? なぜ問題は起きたのか?

2016年4月20日午後5時、ミツビシはプレスリリースを発信するとともに、相川哲郎社長、中尾龍吾副社長らが出席し緊急記者会見を開き、軽自動車のeKスペース、eKワゴン、ニッサン・ブランドのデイズ、デイズ・ルークスの型式認 …
2016年4月22日

三菱 eKスペースに専用2トーンカラーと安全装備を追加した特別仕様車「Style Edition」を発売

三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽乗用車「eKスペース」に、特別仕様車の「Style Edition(スタイルエディション)」を設定し、全国の系列販売会社を通じて販売を開始した。 ベースとなるのは、NA(自然吸 …
2015年12月5日

ミツビシ スーパーハイトワゴン軽自動車「eKスペース」を一部改良

  2015年4月23日、ミツビシはスーパーハイトワゴンの軽乗用車eKスペースの燃費を改善し、全車をエコカー減税対象車としたほか、2トーンスタイルを標準モデルとカスタムモデルにそれぞれ2色ずつ設定し、同日から発 …
2015年4月24日

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる