Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

category

アストンマーティン

26件の記事があります

アストンマーティンV8 & V12 Vantage S レッドブル・レーシング・エディションを発表

2017年3月26日に開幕する「2017 F1世界選手権シリーズ」を目前に控え、アストンマーティンはVantageシリーズのV8およびV12 Vantage Sレッドブル・レーシング・エディションを発表する。
2017年2月28日

JAIA試乗会レポート 超高級車の世界

JAIA日本自動車輸入組合が主催する毎年恒例のメディア向け試乗会が実施された。日本に輸入されるインポートカーの多くに試乗できるイベントで、試乗の機会を逃していたモデルに乗れるチャンスでもある。 今回試乗したモデルはいずれ …
2017年2月20日

アストンマーティン AM-RB 001のテクニカルパートナーを発表

2019年のデリバリーを予定しているアストンマーティンのハイパーカー、AM-RB 001。そのデザイン、エンジニアリング作業を進めるアストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズ、プロジェクトパートナーのA …
2017年2月17日

アストンマーティン SKY GROUPを東京エリアの正規販売代理店に指名

アストンマーティンは、戦略的に重要な日本市場に対する投資の一環として、日本有数のラグジュアリーカー販売会社であるSKY GROUPを、東京エリアの正規販売代理店に指名することを発表した。これを受けてSKY GROUPは、 …
2017年2月16日

保護中: 【有料配信中】自動運転はどこまで進んでいるのか?レベル分けって何?

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
2017年2月10日

【今日の編集後記】ハンドルを抱きかかえるのだ!

今週のビッグイベントはJAIAの試乗会。輸入車組合が主催するイベントで、輸入車のほぼ全部の試乗ができるというメディア、ジャーナリスト向けのイベントに参加してきました。事前に希望車種を申請して、希望多数の場合は抽選している …
2017年2月5日

伝説の名車、DB4 G.T.が アストンマーティンワークスの手により復活

アストンマーティンの歴代モデルの中でも、もっともよく知られた1台と言っていいDB4 G.T.だが、そんな歴史的名車がニューポート・パグネルに本拠を置く「アストンマーティン・ワークス」の手により、25台限定で「完全復刻」さ …
2016年12月13日

アストンマーティン・レーシング WEC最終戦のバーレーンでワールド・タイトルを獲得

2016 WEC(FIA世界耐久選手権)の最終戦となる第9戦が11月19日、バーレーンで開催され、ニッキー・ティーム/マルコ・ソーレンセンのデンマーク人ペアが95号車のV8 Vantage GTEで見事な勝利を飾り、ワー …
2016年11月24日

アストンマーティン・レーシングのウイング・エンブレムが購入できるチャンス!

アストンマーティンは、モータースポーツ・ファンに向けて、究極のコレクターズ・アイテムを発表。2016 FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦したV8 Vantage GTEに装着されているウイング・エンブレムが数量限定で販 …
2016年11月21日

アストンマーティン 究極のスポーツGTをさらに進化させたVanquish Sを発表

11月16日、アストンマーティンは、究極のスーパーGTの最新モデル、新型Vanquish Sを発表した。
2016年11月18日

ボンドカーで象徴される英国高級スポーティカー

アストンマーティンは1913年創業の英国の高級スポーティカーメーカー。
製造の多くを熟練した職人による行程を多く含むクルマ造りは、高く評価されている。アストンマーティンは映画007シリーズのボンドカーとしてDB5などが使用されたことは有名。「ゴールドフィンガー」「サンダーボール作戦」「ゴールデンアイ」「トゥモロー・ネバー・ダイ」「カジノ・ロワイヤル」そして2014年公開の「スカイフォール」にも使用されている。

実業家デビット・ブラウンが経営していた時代は、モデルに自信のイニシャルをもつDBシリーズがあったが70年代に経営破綻している。その後フォードグループ傘下で製造はつづけられ、オーナーが投資家グループになるなど、経営上の混乱は続いている。

2014年現在、日本国内でラインアップするモデルはヴァンキッシュ、ラピードS、ヴァンテージ、DB9などでいずれも1500万円~3500万円以上の超高級スポーティカーを揃えている。

ル・マン24時間レースへの出場や近年では2013年にニュルブルクリンク24時間レースに水素とガソリンのバイフューエルエンジンをラピードSに搭載し出場している。ドライバーは当時CEOであったウルリッヒ・ベッツ氏と日本人ジャーナリスト桂伸一氏がステアリングを握った。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる