Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

category

Automobile Study

101件の記事があります

いいクルマは何故いいのか?その根拠となる情報を掲載しています。自動車メーカーからの1次情報、サプライヤーからの情報など、さまざまなネットワークからの情報を整理し探究しています。ブレークスルーのようなハード情報のほかに制御といったソフト面での技術にも注目し、人間の感性に訴えかけてくるクルマの魅力をプルーブしています。

現実化してきた自動運転 ボッシュのオートパーキングシステムを考察 動画つき

世界的システムサプライヤーであるボッシュは、自動駐車の技術とサービスという新たな市場を切り拓こうとしている。そのために市場開拓の基礎となる研究からスタートし、簡単な駐車スペース探しや駐車プロセスの自動化の実現を目指してい …
2017年2月13日

ミツビシの4WDはオンデマンド式、機械式、モーター制御と9種類も存在する!

4WDと言えばハードなクロカン四駆の装備だったのは昔の話。いまやスポーツAWDという名前があるほど、AWDの需要は高まっている。近年はオンデマンド式も増えているが、4WD技術ではやはりこのメーカーの技術をスタディしておく …
2017年2月6日

コニカミノルタ 世界初の「3D ARヘッドアップディスプレイ」を発表

2017年1月13日、コニカミノルタは高度運転支援システムのために、フロントガラスに3次元で運転に必要な情報を表示する世界初の「3D拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイ」を開発したと発表した。
2017年2月3日

クアルコム 電気自動車用のワイヤレス給電システムを発表

2017年1月18日~20日に東京ビッグサイトで開催された「オートモーティブ ワールド2017」で、クアルコム社が最新タイプの非接触(ワイヤレス)式給電システムを発表した。
2017年1月30日

トヨタのTNGA新エンジン、トランスミッション戦略を考察 ガソリンエンジンは最高熱効率40%を達成!

2016年12月6日、トヨタが2016年4月に発足させたカンパニー制度の中のひとつである、パワートレーン・カンパニーが今後の戦略と、新開発した高効率自然吸気エンジン、最新トランスミッションについて、水島寿之プレジデント、 …
2016年12月23日

ブリヂストン 人工合成ゴムに成功 次世代タイヤの材料本命か?!

2016年12月16日、ブリヂストンは同社中央研究所で開発した新しい重合触媒(ガドリニウム触媒)を使用し、分子構造を最適に制御し、天然ゴムの物性に近似するポリイソプレンゴムの合成に成功したと発表した。
2016年12月14日

トヨタ 世界初!リチウムイオンの中身が見える化に成功 バッテリーの性能向上に期待

2016年11月24日、トヨタは、リチウムイオン電池が充放電する時の電解液中のリチウムイオンの挙動を観察する手法を世界で初めて開発したと発表した。
2016年11月29日

東洋ゴム 最新シミュレーション技術から生まれた新配合ゴムを「PROXES Sport」に採用

2016年11月17日、東洋ゴムは、2011年に確立したゴム材料開発基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」をさらに進化させることで、より高性能なタイヤが実現する新配合ゴムを …
2016年11月19日

保護中: 【有料配信中】 ちょっと難しいダンパーの話

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
2016年10月28日

ドイツで加速するITSデジタル通信ハイウェイ構想 アウディも実証実験に参加

2015年8月に、ドイツでKo-HAFプロジェクトがスタートした。連邦経済省、エネルギー省が主導するKo-HAF(英語表記:Cooperative Highly Automated Driving)と名付けられた自動運転 …
2016年10月25日

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる